ベジファスが睡眠の質の向上にも影響?!その理由とは?

ベジファスが睡眠の質の向上にも影響する?!その理由とは?

 

念のため先に言いますが、ベジファスに睡眠の質を向上させる成分は入ってはいません。
ですが、血糖値の上昇を抑えることで、睡眠の質が安定することはあります。

 

ちなみに、こんな症状はありませんか?

・ 夜にのどが渇くことがある
※ 寝るとき、のどが渇いて寝付けないなんてことになったら重症です。
・ 良く水分を摂ることになり、夜中にトイレに行きたくなって目覚める

 

もし当てはまるなら、放っておくとまずいことになるかもしれませんよ?

 

睡眠に関連するサイト
・ 安らかな入眠を迎えるなら、テアニンが大切!
・ 光目覚ましで体内時計を正常化♪

 

 

 

何度も言いますが…
ベジファスには睡眠の質を向上させる成分が入っているわけではありません。
ベジファスの効果はあくまで血糖値の上昇を抑えることがメインです。
水溶性食物繊維の難消化性デキストリンの影響で、血糖値の上昇を抑えてくれます。

 

実は、この血糖値と睡眠に関係があるんです。

 

 

血糖値と睡眠の関係

 

実は、血糖コントロールが悪化すると睡眠の質の低下を伴うということを、
大阪市立大学の研究グループが発表しました。
※ 血糖コントロール → 血糖値を良い値に保つための人間の作用ですね。

 

内容をまとめると以下の通りです。

・ 血糖コントロールの悪化が原因で睡眠の質が悪くなる
⇒ その結果、早朝血圧が上昇(高血圧)
・ 不眠を引き起こす
参考URL https://www.osaka-cu.ac.jp/ja/news/2015/05llq8

 

これは、各種新聞や新聞テレビでも取り上げられたほど、結構有名な事実です。
高血圧になれば、脳卒中や心筋梗塞のリスクが高まります。

 

高血糖の方ほどのどの渇きを伴い易くなりますので、
早朝高血圧のリスクが各段に上がるんです…。

 

ちなみに、早朝高血圧は上記の生活習慣病の発症率が高いことも分かっています。
血糖値が上昇すると、これだけのリスクがあるんですね。

 

 

 

もちろんベジファスに頼らなくても、食生活を改善するだけでも十分効果はあります。
また、定期的な運動も、インスリンの作用を正常化してくれるので効果的です。

 

ただ、糖質制限や運動って簡単に言うけど、実行し続けるのって結構大変です。
食事制限や食生活の改善はちょっと面倒だというのでしたら、ベジファスなどの血糖コントロールができる栄養食品を試してみても良いかもしれませんね。

 

関連ページ

ベジファスで手軽に糖質OFF!でも副作用は?
ベジファスを食べるとどのような効果があるのか、またどのような副作用があるのかをこのカテゴリーにまとめています。
水溶性食物繊維「難消化性デキストリン」の驚きの効果とは?
ベジファスを食べるとどのような効果があるのか、またどのような副作用があるのかをこのカテゴリーにまとめています。
食後の血糖値が気になるなら食前にベジファス!その効果とは?
ベジファスを食べるとどのような効果があるのか、またどのような副作用があるのかをこのカテゴリーにまとめています。