食後の血糖値が気になるなら食前にベジファス!その効果とは?

食後の血糖値が気になるなら食前にベジファス!その効果とは?

 

人間誰しも、食事の後には血糖値が上昇します。
食事のメニューよって当然差はありますが、ご承知の通り炭水化物は食後の血糖値の上昇を助長しています。
美味しいものばかり食べていると血糖値はどうしても上昇してしまうんですよね・・・。

 

 

<無視できない食後高血糖の恐怖

 

このページをご覧になられているということは食後の血糖値を気にされていることと思います。
確かに、食後に限らず血糖値が高い状態(糖尿病)が続くと体に悪影響を及ぼします。

 

結論から先に言うと、血糖値が高い状態で生活を続けると
「血管がボロボロになるため、血管がかかわる重大な病気にかかる」

ということです。

 

血管がダメージを受けるため、動脈硬化の原因となり「心筋梗塞」や「脳梗塞」などの生活習慣病にかかってしまうんですね…。

 

 

それどころか、毛細血管などの細い血管にもダメージを蓄積していきますので、細胞が壊死し最悪の場合、該当箇所を切断しなくてはいけなくなります…。
五体満足でいられなく重大な病気というわけです。

 

 

通常であれば食後の一時的なものなのですが、これを繰り返していると高血糖な状態が続き、いわゆる糖尿病になります。
糖尿病になると、糖の吸収をするインスリンという物質が正常に働かなくなり、糖が吸収されないため血管内に糖質が残り続けることになります。
繰り返しになりますが、その結果血管を傷つけるというわけなんです。

 

 

<食後の血糖値の上昇を抑える方法は??>

 

じゃあどうすれば食後の血糖値の上昇を抑えることができるでしょうか?
食後の血糖値上昇を抑える方法には様々なものがあります。

 

ゆっくり食べる

早食いをすると、インスリンの働きが追い付かず、血管内に糖質を残す原因となります。
それを防ぐためには、食事をゆっくりとることがポイントです。

 

食後の運動

別に激しい運動をしようというわけではありません。
10分程度のウォーキングをするだけで大丈夫です。

 

食事制限

糖質を含むものを抑えたり、食物繊維を含むものを食べるようにすることも大切です。
具体的には、玉ねぎやキャベツ、キノコやアボガド、納豆やオクラなど…
他にも主食を白米から玄米や麦に変えるなど…

 

 

 

<もっとも手軽にできるのがベジファス

 

上で挙げた以外にも、空腹時にブラックコーヒーを飲む、定期的に運動をするなどありますが、やはり手軽にできるというものではありません。
費用がかかるというデメリットはありますが、最も簡単にできるのがサプリの
ベジファスを食前に摂ることです。

 



 

上の食事制限で、「食物繊維を含むものを食べる」をいう点を触れさせていただきました。
食物繊維の中でも、水溶性食物繊維である難消化性デキストリンは、食後の血糖値の上昇を抑える効果があることが研究成果から分かっています。

 

難消化性デキストリンは、1日の摂取目安が5gと言われていますが、ベジファスには1本あたりに5g含まれていますので、1日1本飲むだけでOKです。

 

また、食前にベジファスを飲むことで、よりその効果を得やすくなります。
ベジファーストダイエットというダイエット法と狙いは同じで、最初に食物繊維を含む野菜類を摂取することで糖の吸収・血糖値の上昇を抑える効果を得ることが目的です。
水溶性食物繊維の難消化性デキストリンにこの効果があるため、これを豊富に含んでいるベジファスを食前に摂るのが良いんです。

 

 

 

ベジファスなら1日1本を食前に飲むだけで済むので、とても簡単に血糖値の上昇を抑えることが可能です。
もちろん、健康を考えたら定期的な運動をするのが良いですが、忙しい中で定期的な運動ってちょっと難しいですよね。
楽に血糖値対策をしたいという方、手軽に食後血糖値を抑える効果を得られる食前ベジファスを試されてみてはいかがですか?

関連ページ

ベジファスで手軽に糖質OFF!でも副作用は?
ベジファスを食べるとどのような効果があるのか、またどのような副作用があるのかをこのカテゴリーにまとめています。
水溶性食物繊維「難消化性デキストリン」の驚きの効果とは?
ベジファスを食べるとどのような効果があるのか、またどのような副作用があるのかをこのカテゴリーにまとめています。