水溶性食物繊維の難消化性デキストリンってどんな効果がある?

水溶性食物繊維「難消化性デキストリン」の驚きの効果とは?

 

ベジファスには、1日分の難消化性デキストリンが含まれていますが、
そもそも難消化性デキストリンって何なんでしょうか?
血糖値の上昇や脂肪の吸収を抑える効果があると言われてますが、その効果は本当なのか?

 

このページでは難消化性デキストリンについて紹介させて頂きます。

 

 

重要な栄養素である「食物繊維」ですが、この食物繊維は実は2種類あります。

 

T.不溶性食物繊維

水に溶けにくい食物繊維で、高い保水力があります。
便の量を増やして排便を促す効果や、腸内にいる発がん性物質などの有害物質を体外へ排出する役割があります。
主にセルロースやヘミセルロースなどが挙げられます。
(りんごやごぼう、大豆や玄米などに含まれる成分ですね)

 

 

U.水溶性食物繊維

ヌルヌルした粘着性がある食物繊維です。
食欲を抑える効果や、食事の際に食べ過ぎを抑える効果があります。
また、血糖値の急上昇を抑える効果や脂肪の吸収の抑制コレステロールの排出整腸作用などダイエットに嬉しい効果が多数あります。
(りんごや人参、キャベツ、寒天や海藻類などに含まれている成分ですね)

 

 

難消化性デキストリンは水溶性食物繊維です。
上で挙げた食欲を抑えたり、糖・脂質の吸収を抑えるなど、様々な効果があります。

 

 難消化性デキストリンの効果とは?

@ 食欲を抑える
難消化性デキストリンは胃の中で膨張して粘着性を上げるので、胃腸内での滞在時間が増え満腹感を得やすくなります。
ですので、しっかり摂取することで「食べ過ぎの防止」に繋がるわけです。

 

A 食後の血糖値の上昇を抑える
難消化性デキストリンには、粘着性だけでなく吸着性もあります。
この2つの効果のおかげで、糖の吸収を緩やかにすることから食後の血糖値の急上昇を抑えてくれるんですね。

 

B 食後の中性脂肪の急上昇を抑える
血糖値と同様、脂質についても吸収を抑える効果があります。
そのことから、食後の中性脂肪値の上昇を抑えてくれます。

 

C 整腸作用
難消化性デキストリンを摂取することで、腸内の善玉菌が増え、腸内環境が整う効果があります。
ですので、便秘の改善も期待できるというわけです。
※ 摂りすぎると お腹が緩くなる ので注意が必要です。

 

D コレステロール値の上昇を抑える&排便作用がある
難消化性デキストリンの吸着性により食物コレステロールを吸着させ、排便作用でそのまま排出させるという効果があります。
※ 排便作用は、腸内で便容量を増大させるので排便を促してくれるものです。

 

E ミネラルの吸収を促進する
カルシウムや鉄分、亜鉛などの吸収を促進させる効果があることが分かっています。

 

難消化性デキストリンには、これだけの効果があります。
また、1日の摂取目安量は5g前後です。
お腹の調子を整える目的なら多少超えても大丈夫ですが、それでも10gは超えないようにしましょう。
⇒ 理由はこちらで紹介しています。

 

 

 

 

難消化性デキストリンですが、いつ飲むと最も効果を得られるかもきちんと把握しておいた方が良いですね。
飲むタイミングによって効果に差が出てきます。ずばり、最大限の効果を得るなら食前に飲むことです。
しかも、朝食などの1日の1食目の食前が1日の血糖値の上昇に関わることが分かっています。
そのため、朝食前などに飲むととても効果を得られると思います。
⇒ 詳しくはこちら

 

 

 

水溶性食物繊維の難消化性デキストリンには、体に良い効果が多数あります。
食べ過ぎるとお腹が緩くなるということはありますが、摂取量が少ないとどんどん体内環境が悪化していってしまいます。
日頃野菜をよく摂取している方でしたら問題ありませんが、栄養に気を使って生活をするのって以外と難しいという方もいらっしゃるはずです。

 

そういう方でしたら、 ベジファスのような簡単に食物繊維が取れるサプリがおすすめです。

 

難消化性デキストリンを上手に摂取して、健康的な体を手に入れましょう☆

関連ページ

ベジファスで手軽に糖質OFF!でも副作用は?
ベジファスを食べるとどのような効果があるのか、またどのような副作用があるのかをこのカテゴリーにまとめています。
食後の血糖値が気になるなら食前にベジファス!その効果とは?
ベジファスを食べるとどのような効果があるのか、またどのような副作用があるのかをこのカテゴリーにまとめています。